文字サイズ

訪問看護・リハビリを受けるには

初めて訪問看護・訪問リハビリをご検討されている方には、ご本人様とご家族様のご要望・ご相談を確りと伺ったうえで、ケアマネージャーと共にお客様一人ひとりにベストマッチしたケアをご提案させていただきます。

訪問看護・訪問リハビリをご検討の方へ

あいず訪問看護リハビリステーションでは、病気や障害を持ち在宅看護・在宅リハビリテーションを必要とされる方に、看護師や理学療法士・作業療法士等がご家庭に訪問し、住みなれた地域や気心のしれたご家族のそばで、その人らしく安心して療養生活が送れるようにご利用者様やご家族を支援いたします。

リハビリテーションスタッフだけではなく、医師・看護師・ケアマネージャーと緊密な連携をとり、ご利用者様もご家族様も笑顔で安心した生活が送れる包括的なサービスを提供することが私たち、あいず訪問看護リハビリステーションの使命と考えています。

Step1お電話による受付

まずは、お電話にてご連絡ください。

受付時間:月曜~金曜 9:00~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

お気軽にお問い合わせください。

045-744-7535

※ご家族の方、地域ネットワークの方もお気軽にお電話ください。

Step2ご要望・ご相談

お客様のご要望をお伺いします。
ご相談は無料です。安心してお問い合わせください。
行政・病院・ケアプラン情報等の確認をさせていただきます。

Step3初回訪問・ご契約

初回訪問時までにかかりつけ医と連携し、訪問看護指示書の手配を行います。
指示書に基づき、訪問看護計画書を作成いたします。
その内容をもとに、重要条項などを詳しくご説明いたします。
ご了解を頂いた上でサービス契約を行います。

Step4定期訪問

お客様個々のプランに基づき、定期的にご自宅を訪問させていただきます。
ご本人、ご家族問わず、ご要望がございましたらお気軽にお申し付けください。

Step5医師・ケアマネージャーへの定期報告・連携

かかりつけ医やケアマネージャーに定期報告を入れた上、連携・協議を行います。
お客様やご家族のご要望に、きめ細かく対応してまいります。

訪問エリア

長崎県
佐世保市 / 佐々町
神奈川県
瀬谷区 / 旭区 / 泉区 / 戸塚区 / 栄区 / 大和市 / 藤沢市 / 鎌倉市 / 茅ヶ崎市
佐賀県
武雄市 / 伊万里市 / 嬉野市 / 有田町 / 波佐見町
大阪府
※平成30年1月 サービス開始予定

エリアのご相談は随時行っております。一度ご相談下さい。

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、正式名称を「介護支援専門員」といい、介護を必要とするお年寄りと介護保険サービスをつなぐ大切な役割を担い、一言で言うと介護のサポーターになります。

具体的には、介護保険での支援や介護、看護が必要になった人が適切なサービスを受けられるようにケアプラン(介護サービス計画)を作ります。
訪問介護、訪問看護、デイサービス等の利用相談にのり、施設の手配や利用申し込み、介護サービスの調整と管理を行います。
ケアマネージャーの仕事内容は多岐にわたりますが、主に下記のような仕事をしています。

1.ご利用者やその家族の介護(看護)相談
2.ケアプランの作成
3.モニタリング

1.ご利用者やその家族の介護(看護)相談

ケアマネージャーの仕事は、ご利用者とその家族からの相談から始まります。その相談内容をもとに、より良いサービスを受けられるように手助けを行います。

介護(看護)が必要となった方は多くの場合、不自由なく従来と同じような生活を送りたいものです。そのためには、何ができて何ができないのかをしっかり把握することが重要です。
また、「これまでどのように生活してきたのか」「これからどのように生活していきたいのか」「家族はどのように関わることができるのか」など、ケアマネージャーはサービスの利用者様やそのご家族様と今後の生活を一緒に考えます。

適切な支援を行うには、利用者と関わりのあるすべての人やサービス(家族、親族、かかりつけの病院や介護サービス)と連携をとることが必要で、利用者がすでに介護サービスを使っている場合は、主治医や事業所と連携してサービスに必要な情報を入手します。
また、定期的にサービス担当者会議(利用者と利用するサービスの担当者、主治医などが集まり話し合いをおこなう場)をセッティングするのもケアマネージャーの大切な仕事ひとつです。

2.ケアプランの作成

ケアプランは、介護(看護)サービスの説明書とスケジュール表のようなもので、どのようなサービスをどの程度利用するかを決めた計画書です。ケアマネージャーの作成する「ケアプラン」なしにはサービスを受けることができません。

ケアプランは利用者とその家族の要望から、どんなサービスがその人に最適なのかを吟味して作成され、どんな目的で、いつどんなサービスを利用するのかが記載されています。ご利用者様やご家族様に原案を確認してもらい、同意が得られればケアプランにサインと捺印をしてもらいサービスの開始となります。

3.モニタリング

実際にサービスが開始されれば、ケアマネジャーは定期的な訪問で健康状態やサービスなどのモニタリングを行います。

・しっかりとサービスが提供されているのか
・サービスが利用者に合っているのか
・利用者様の状態に変化はないのか
・利用者様やご家族様は、サービスに満足されているのか

などを確認し、必要に応じてケアプランの変更も行います。

これらの仕事以外にも、ケアマネージャーには介護保険の給付請求、各介護サービスや医療機関との連絡調整などありとあらゆる仕事があります。
このようにケアマネージャーの仕事は、要介護者(要看護者)やその家族とサービス提供者とを繋ぎ、ご利用者様が安心してサービスを受けるための支援をしてくれるサポーターなのです。